Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
The Axis of Perdition“Deleted Scenes from the Transition Hospital”(2005)
こっち見んな


Rating:9.66/10
Track List
1. Deleted Scenes I: In the Hallway of Crawling Filth
2. The Elevator Beneath the Valve
3. Pendulum Prey (Second Incarceration)
4. Isolation Cubicle 312
5. Entangled in Mannequin Limbs
6. This, Then, is Paradise?
7. One Day You Will Understand Why
8. Deleted Scenes II: In the Gauze-Womb of the God Becoming

イギリスのアンビエントインダストリアルブラックの2ndアルバム。
同郷でインダストリアルブラックと言ったらAnaal Nathrakhが有名ですが、
あれとは全く違う感じです。むしろStalagghの方に近い気がします。しかしギャアアアアと
終わるあちらに比べると緩急がしっかりしてて、より音楽的と言いますか。

Encyclopedia Metallum見てたらこいつらの歌詞のテーマの一つにSilent Hillとか
あったりしまして。Silent HillってやっぱりゲームのSilent Hillなんでしょうね。
あのシリーズやったことある人は分かると思いますが、このアルバムで垂れ流されてるSEは
ゲームでバケモノに遭遇したときにラジオから聞こえてくる気色の悪いノイズのようなヤツ
です。グチャグチャだったりキーキー鳴ってたり。確実に精神を蝕んでいくような嫌な音ばっかり
サンプリングされてます。で、その間を縫うように展開されるメタルのパートでもこれまた
お経みたいな呪詛ヴォイスが聞こえてきたり絶叫してたり。
Stalagghみたいに絶叫とノイズで押し切ってるのではなく、時折ピアノが挿入されてたり
アレンジも凝ってるように思います。それでもまぁひたすら気色悪いわけなんですけどね。

ジャケットやアルバムタイトルから、確実に「何か出る」廃病院がこのアルバムのコンセプト
のようです。少し前に幽霊の出る廃病院で一晩過ごせたら100万ドル進呈というお話の
「TATARI」なるホラー映画があったりしましたが、あの映画の世界観をそのまま追体験
できるアルバムですね。もっともこちらは生き残った所で賞金は出ませんが。

夜に寝れなくなるの分かっててもホラー映画やらテレビの心霊特集やら見てしまうように
怖いもの見たさという欲求は人間誰でも持ってるもので。本作もそんな心理を見事に突いて
ますね。夜中に聴いても真っ昼間に聴いても呪われそうな作品です。
夜の病院で肝試ししてみたい人にはおすすめ。

Myspace
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/99-6f275af6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。