Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
当たり前のことでございますが
自分が感動した何かを他人に伝えたい時にはどう伝えるかが重要ですね。
「こいつは凄い!とにかく凄くて凄いから、お前も感じろ!」とか
言われても何が凄いのか分からんのです。凄い何かを人に共感して
もらいたいとか思うのであれば、何がどう凄いのかを伝える必要が
ありますね。で、その際に重要になってくるのが「言葉」なわけですよ。
どんな言葉で相手にそれを伝えるかが肝要なのです。小学生にだって
わかる理屈です。別にここでどっかの新聞みたいに
「我々は信じている、コトバのチカラを」とか言い出す気はありません。

このブログでは一応CDのレビューなんぞを垂れ流しております。
当たり前過ぎて恥ずかしいくらいですが、音楽というものを他人に言葉
や文字で伝えるのは難しいわけですよ。あーだこーだと幾ら言葉を並べて
みた所でその音楽を実際に聴いてみないことには実態は掴めないのですよ。
しかしそこで「この音楽の良さは聴けばわかる、だから聴け!」と言って
しまうのは上述の凄くて凄いってのと変わりません。CD買うなり音源ダウン
ロードするなりしてそれでいいわけです。こんな糞ブログなんかやってる
意味が無いワケです。なんつうかソレって「逃げ」ですよね。
私にゃ大した志なんぞありませんが、そんな文章は書きたくないです。
だから「言葉」を駆使して音楽を語りたいんですが…
やれ「このリフがブルータルでファストでメランコリックで暗鬱で叙情的で
へヴィでプログレッシブで素晴らしい!」とか言ったところでメタルを
聴かない人間には何言ってるかわかりませんよね。ウチのCDの感想見返して
みるとそんな言葉ばっかりが飛び交っててウンザリしました。
まぁ、メタル聴かない人でこのブログ見てる人は少ないでしょうし、
そもそもここ見てる人だってそんなにいるとは思えませんが、
それでもこれではいかんなぁと。

音楽のレビューの意義って、その音楽に対して新たな見方を他の人に
伝えることだと思います。その人がどんな視点でその音楽を聴いて
どう感じたのか、それをどう伝えるかが重要なのではないかと。
そうした上で批評とかそういうものが付いてくるのだと。
カタログの文章とレビューの文章の違いってそこだと思うのです。
音楽の捉え方なんて主観に頼り切ったものですから、聴き方は
それこそ千差万別で当然なんですよね。そうでなかったらむしろ
不健全です。「アーティストの産み出す深遠な音の世界に触れて下さい」
とかね、もう寝言ですよ。別に触れられない人がいたっていいじゃない。

そんなわけでもう少し私も中身のあるレビューが書けるようになりたいなぁと。
あー、酔った勢いで書いたら結局何が言いたいのかよくわからなくなって
きましたよ。要は言葉は難しいってことですよ。俺文学部なのにねー。
Posted by ymd
comment:4   trackback:0
[雑記
comment
千差万別
音楽に限らず絵画や映像など、芸術や文化はそういうもんですね。

と、わかっていても、そういったものを言葉でうまく表現するのはどうしても難しいですね。
さらに文字だけだと口調と違って微妙なニュアンスとかも伝わりにくいですし。

リフだのブルータルだのという半ば専門的な用語は
自分もなるべく使わないようにしよう、と思ってます。

でもメタルの中(特にデスメタルやブラックメタルなど)の、
同ジャンルの中で他のバンドと大きな違いを見つけることの方が難しく、
ぶっちゃけメタル聴かない人が聴いたら全部ほとんど同じじゃねえか、と思うようなものだと
どうしても細かくそういう用語を使って違いを表そうとしてしまいますね。
(あと聴けと言わんばかりにYou Tube貼ったり)

って結局、自分に語彙力が無いだけなんですがね…

でもループ・ゾンビさんの文章はオリジナリティ溢れる比喩などがあり
とても参考になりますよ。
2007/09/12 14:43 | | edit posted by こるぴ
いやはや
ありがとうございます。こちらこそこるぴさんの
ブログはいつも参考にさせて頂いてます。
分かり易く非常に丁寧にまとめられた文章を
書かれていると思いますよ。

専門用語の類は音楽聴いてる時には意識しなくても
全く問題ないんですけど、人にそれを伝える際には
どうしても使ってしまいます。問題なのは自分が
その言葉の意味をきちんと分からず使っていることが
あったりすることなんですよね。自分なりの言葉で
それが伝えられれば一番なんですが、なかなか
難しいものですな。精進せねばと思います。
2007/09/12 20:52 | | edit posted by ループ・ゾンビ
う~耳が痛いですね…。

ま、自分の能力以上の事はできないって
事で、私は、私なりに表現するしかないわけで。

ただ、知識がなくても、感じる事はできるわけで
その辺を武器にできたら良いなぁ~とは
思っていますね。

でも、本当に言葉は難しいです。
誤解を生むこともしばしばですしね。
2007/09/12 21:46 | | edit posted by Tommy
>>Tommyさん
音楽って文学や美術以上に感情の占める割合って
大きいものだと思います。だからこそ一歩引いた視点で
語らないといけないんだと思うんですが・・・

主観の全く入らないレビューって有り得ないですよね。
私も音楽の知識なんてほとんどありませんから、
感じることは大事にしたいって思ってます。
理詰めばっかりの文章ってそれこそ読んでて
面白くないですから。

つくづく言葉って難しいものですよね。
2007/09/13 01:09 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/95-64326a14
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。