Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
第一回 手抜き料理教室
手抜き料理はメタル

ということでコンバンワ。日頃トレンドなんかクソだ!とか言ってるクセに
某ブートキャンプに入隊し、基本プログラムを15分くらいで早々にギブアップした
ループ・ゾンビです。ワンモアセッ!じゃねぇっての。

さて、唐突ですが食生活って大事ですよね。私は三度のメシよりメシが好きです。
しかし一人暮らしをやってますと私みたいなモノグサはどうしてもメニューが偏って
しまうのが悩みの種です。一週間続けてパスタとか素麺とか、白飯に麺つゆだけ
かけて食ったりとか。まぁ安くて早くて簡単にできるのはいいのですが、ずっと
食べてると飽きます。レトルトやインスタント食品も同様の理由で飽きますし、
かと言ってずっと外食にすると金がかかり過ぎますので論外。

でも本格的に自炊すると面倒だしなぁ、という人に、
そう、手抜き料理です。より高尚な言い方をすれば貧乏メシですね。
冷蔵庫に入ってる材料を何も考えずに合成したら愉快なモノが出来上がったという経験、
ありませんか?ありますよね!それが食えたかどうかは別問題として。

ここでは安くて簡単にできて味もそこそこ、しかもなんか駄目っぽい
海原雄山先生辺りが見たら「料理長を呼べ!」とも言われずに包丁で刺されそうな
ジャンクなレシピを紹介していきたいと思います。

ちなみにここの管理人は水の分量を間違えてカレーを作るのすら失敗する程度の
料理の腕ですので、まぁ大丈夫でしょう。何が大丈夫なのかは知りませんが。
つうことで料理教室一回目です。
にしても料理“教室”だなんて。おこがましいにも程があるってもんです。死ねばいいのに。

ま、いいか。今回のメニューは「豚肉と小松菜のマヨネーズ炒め」です。
以前にどっかのサイトで見たメニューを若干改造したものです。
いきなりオリジナルじゃない辺り救いがないですね。

材料
・豚肉 200~300g(小間切れでもロースでも何でも可)
・小松菜 1房
・醤油
・塩コショウ
・マヨネーズ

手順その1
・小松菜を水洗いして、適当な大きさに切る。豚肉も食べ易い大きさに切った方が
いいんでしょうが、私は普段スーパーで売ってるパックの小間切れをそのまま使ってます。
切るの面倒だし。

手順その2
・コンロに火を入れ、フライパンを熱する。
フライパンが温まったら、フライパンの上にマヨネーズを円を描くように入れる。
あんまり入れすぎると脂っこくなり過ぎるので注意です。

半径10cmくらいがいいらしい


手順その3
・マヨネーズが融けてきたら豚肉を投入。炒める。火加減とか知りません。

手順その4
・豚肉の色が変わってきたら小松菜を投入。更に炒める。このままだと
少し味が薄いので、塩コショウと醤油をぶちまけます。分量とか知りません。
ま、入れすぎると食えなくなりますので注意ですね。

マヨネーズの匂いが・・・


手順その5
・水気が無くなるまで炒めます。マヨネーズの焦げる匂いに興奮するようでしたら
私と同類です。

完成

出来上がり


以上、所要時間は小松菜切る時間含めても10分とかかりません。
味の方も・・・まぁ騙されたと思って試してみてください。本当に騙されたと
思う人もいるかもしれませんけど、マヨネーズの風味と小松菜の苦味がいい具合に
マッチしてウマイです。脂っこいのでおかずだけでなく酒のつまみにも良いかと。
逆に脂っこいものが嫌いな人には合わないでしょうし、健康とか栄養とか気にする人にも
向きませんが、そんなことは知りません

つうことで第一回手抜き料理教室、完。

第二回は・・・多分ありません。
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[企画・その他
comment
ご飯の上にご飯をかけてご飯丼。(笑)
2007/09/08 20:20 | | edit posted by 覇次郎
至高のメニューですね。それに鰹節と醤油をかけたら無敵です。
2007/09/09 21:40 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/93-4dd02d6b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。