Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Deathspell Omega“Fas - Ite, Maledicti, in Ignem Aeternum”(2007)
落ちます堕ちます


Rating:8.8/10
Track List
1. Obombration
2. The Shrine of Mad Laughter
3. Bread of Bitterness
4. The Repellent Scars of Abandon and Election
5. A Chore for the Lost
6. Obombration

フランス産カルトブラックメタルバンドのフルアルバムとしては
4作目。本作は3rdアルバム“Si Monumentum Requires, Circumspice”
から続く三部作の二作目に当たるみたいです。アルバムタイトルを
オンラインのラテン語翻訳辞書にぶち込んだところ、
「Divine law Go,Curse,into Fiery Eternal」となりました。
「神の法において、永遠の炎の中で呪われろ」くらいの
意味でしょうか。要は地獄に逝けってことか。
アルバム収録曲は6曲ですが#1と#6はイントロと
アウトロみたいな感じなので、実質4曲ですね。

路線としてはEP“Kenose”の延長線上にある感じで、
静かで不穏なアンビエントパートと、暴走するパートとの
コントラストがより明確になっております。
前作も凄かったですが、本作の暴走パートは凄絶さを増した
ドラミングのおかげかプログレッシブとか通り越して
もう完全に変態の域に達してます。とにかく曲中での緩急が
非常に激しく、ちょっと落ち着いたかと思ったら一気に地獄に
真っ逆様でうわーもうだめだーなジャケット通りのサウンドですね。

本作は大絶賛されてた前作、前々作に比べると正直期待外れだった
という声の方が多いような気がします。確かにKenoseや3rdに
比べると密度と言うか、黒々とした如何わしい雰囲気が少々希薄で、
最初にアルバム通して聴いた時は私もあんまり良い印象持たなかった
んですが、急転直下な展開が何度も聴いてるうちにツボに嵌るように
なり、また何度も聴いてみようという気が起こる面白さがある
アルバムだと思いました。インタビューで語ってましたが、
こいつらはブラックメタルをやるのが目的なのではなく、
あくまで手段としてのブラックメタルなんですね。
今作もそう言った意味ではきちんとスジが通ったアルバムだと
思うのですよ。ま、フルアルバムとしては物足りない感じは
否めないのですが。

とりあえずこれが三部作の二番目ということで、
次作でどうケリを付けてくれるのか楽しみです。
「悟りの極致で見えたのは、やっぱり地獄でした」
みたいな作品を期待してます。

オフィシャル
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/71-3513d4a3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。