Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Sterbend“Dwelling Lifeless”(2006)
∧||∧


Rating:8.4/10
Track List
1. Intro
2. Depressing Paths Through Fullmoon Forests
3. Einsamkeit
4. Left to Weep and Mourn
5. Winterwald
6. Dwelling Lifeless
7. Mysteries
8. Last and Dismal Chambers
9. Endtime Sermon
10. Outro

ドイツ産の自殺系ブラックメタルバンドの1st。
確か去年このアルバムのジャケと同じような首吊りジャケを
出してたバンド
があったような。ま、どうでもいいですけど。
Sterbendってのはドイツ語の「Sterben」=「死」から来ている
みたいです。そのまんまですね。

音は3rdから4thの頃のBurzumに近い感じですな。
楽曲はミドルテンポの曲を中心に構成されてます。
哀愁漂うギターの絡み合いが絶妙で、
もう生きててゴメンナサイって気分になるような
空気がアルバム全編に漂っております。
近年のShiningにも近い感じがしますね。
自殺系のブラックはシャリシャリしたプロダクション
のものが多いように思いますが、この作品は
音質も(ブラックメタルとしてはですが)クリアだったりします。

しかし特筆すべきは何と言ってもそのボーカル。
スウェーデンのSilencerを彷彿とさせるような
ヒョーヒョー言ってる泣き叫び系です。
#3などはボーカルの断末魔みたいな声でスタートします。
一度聴いたら絶対忘れられません。
多分何かに取り憑かれているんじゃないでしょうか?
インナーのメンバー写真でもボーカルの人は飛び抜けて
正気度が低いような気がします。
ずっと聴いてるとこっちまで祟られそうな感じが…。

自殺系ブラックの中ではかなりレベルの高い部類に入ると思います。
鬱な気分に浸りたい時はオススメです。
浸りすぎてジャケットみたいなことになっても責任は持てませんが。

Myspace
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/7-299727f7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。