Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Stalaggh“Projekt Misanthropia”(2007)
火星の人面岩を思い出した


Rating:ううぅぅぅうわあぁっぁぁぎゃっやああああ
Track List
1.Projekt Misanthropia

オランダのノイズインダストリアルブラックメタルバンドの
恐らく4作目のフルアルバム。
本作は1曲だけですが35分あります。

以前にYouTubeで彼らの過去作を試聴したことはあったので、
ある程度は覚悟してましたが、それでも全編聴き通すのに
挫けかけました。もう完全に正気の音楽ではないです。
狂気という言葉ですら生ぬるい。
曲が始まるとすぐにガリガリとした金属系のノイズが
聞こえてきて、そこに幾人もの人間の絶叫や断末魔が
絡み、本当に地獄のような不協和音が35分間延々と垂れ流されます。
絶叫や断末魔は「そのような声」を使ってるのではなく、
リアルに拷問したり殺害したりした音をサンプリングしてる
んじゃないかと思えるくらいにホンモノ臭いです。
バンドの中心人物のボーカルは16歳の時に母親を殺した精神異常者
らしいのですが、それも信憑性があるような気がします。
インナーのアートワークもそんな感じですし。

阿鼻叫喚という言葉をそのまま音にするとこんな感じに
なるんでしょうか。ギターが入ったりブラストが入ったりと、
ほんのわずかにメタルらしい部分がないこともないのですが、
それも極悪轟音のノイズと絶叫の中に消えていきます。
何も知らない人に聞かせればほぼ100%トラウマを植え付ける
ことができますし、そうでない人も夜とかに聴けば恐ろしくて
眠れなくなります。ヘッドホンで聞かせれば確実に拷問ツールに
なりますし、毎日聴けば恐らく精神がやられます。

アルバムタイトルは「人間嫌い」ということですが、
憎悪、怨嗟、怒り、絶望、恐怖etc.考えうる限りのありとあらゆる
人間の負の感情が凝縮されて盛大にぶちまけられています。
聴き手に苦痛を与えるのが彼らの目的だと思われますので、
楽しいのが音楽だと言う方には絶対にオススメできませんな。

余談ですがちょうどこれ聴いてる最中にガスの集金に来られて
非常に焦りました。

過去作のPVがこちら

ちなみにこちらは音源のみ。

Posted by ymd
comment:3   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
自分は一回しか最初から最後まで聴き通してません。
後はもう途中で止めてしまったりとかですね。
とか言いつつも次回作が出たら即買ってしまいそうです。
なんだかDVD出したりと、意外にも精力的に活動しているようですし、
頑張って(?)続けて欲しいものです。

ちなみにタイトルは「Project」ではなく「Projekt」だったんですね。
自分の記事は間違って書いてました(汗
2007/07/06 17:39 | | edit posted by こるぴ
きっと地獄で録音した音源でしょう。(笑)

音楽っちゅうか前衛芸術みたいっすわ。
2007/07/06 18:08 | | edit posted by 覇次郎
>>こるぴさん

何度も聴けるサウンドではないですね。
一回聴く毎に寿命が縮んでいく気が…。
何でもStalagghとして活動するのは今作が最後で、
今後はGulagghと名前を変えて活動していくらしいです。バンド名変わってもやることはほとんど変わらないんでしょうけどね(笑)

>>覇次郎さん

この世のものとは思えないという言葉が本当に
ぴったりくるサウンドだと思いますよ。
ここまで来るとある意味芸術なのかもしれませんな。
2007/07/07 11:07 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/53-c4cb3e9f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。