Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Megadeth “United Abominations”(2007)
あぼーん


Rating:7.3/10

Track List
1.Sleepwalker
2.Washintong Is Next!
3.Never Walk Alone...A Call To Arms
4.United Abominations
5.Gears Of War
6.Blessed Are The Dead
7.Play For Blood
8.A Tout Le Monde
9.Amerikhastan
10.You're Dead
11.Burnt Ice
12.Out On The Tiles(Led Zeppelin Cover)

前作「System Has Failed」から二年ぶり、
Roadrunner移籍後第一弾となる11作目。
前作がラストアルバムになるかもとか噂されてたり、
今作の発売直前にも活動を停止するかも、とか言われて
ましたが、結局どうなったんでしょうか?
まぁ何回も閉店セールをやるような店みたいなものなんでしょう。
さて、今作のアルバムタイトルは「United Nations(国連)」と
「Abomination(憎悪)」を掛け合わせたもので、
「United Abominations」=「結合した憎悪(国際醜態連合)」
みたいな意味らしいです。収録曲も「次はワシントンだ!」とか
「国連なんか存在しない!」と言ってみたり、
アメリカとアフガンを掛けて「アメリカスタン」とか、
本当にいい歳こいてリーダーのムステインは
世の中をアジるのが大好きなんですね。
昨年アルバムを出したSlayerも「宗教は糞だ!強姦だ!売女だ!サタン万歳!」とか言ってましたね。いい勝負です。
40過ぎても中二病な姿勢は俺も見習いたいものです。

さて楽曲の方ですが、ムステイン曰く「3rd以降の作品を全て忘れさせて
くれる出来」とのことで、確かに前作までと比べると所謂
「メガデスらしさ」が戻ってきたような感じを受けます。
アグレッシブなリフと目まぐるしいリズムチェンジが特徴の#1は
全盛期を彷彿とさせるナンバーですし、
昨年のLoud Parkでも披露されてた#2もキラーチューンと
呼んで差し支えないでしょう。中盤で若干スローダウンするものの、
後半の楽曲でまた盛り返してくる感じ。捨て曲も少ないかと。

が、全体としてはやっぱり小さく纏まってしまっている
印象が拭えないですね。
アルバム通じて質も高く、安心して聴けるんですが、
若干角が取れてしまっていると言いますか。
無闇やたらに全方位に悪意と毒をばら撒きまくってた頃に比べると
落ち着いてしまってる感じは否めないです。
今作は「Rust In Peace」に匹敵するくらいの作品だとか言ってる
人もおりましたが、とてもとても・・・。
個人的には「Countdown To Extinction」辺りと並ぶかどうかって
感触ですね。まぁ今更マーティ・フリードマンのギターが
どうのこうのとは言いませんし、決して悪いアルバムではないと
は思いますが。あー、B級臭が溢れるジャケットは大変素敵です。

オフィシャル
Myspace

Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/4-5f3b67a3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。