Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
The Project Hate MCMXCIX“Armageddon March Eternal - Symphonies of Slit Wrists”(2005)
りすか


Rating:8.8/10
Track List
1. At the Entrance to Hell's Unholy Fire
2. The Bleeding Eyes of a Breeding Whore
3. I See Nothing but Flesh
4. Resurrected for Massive Torture
5. We Couldn't be Further From the Truce
6. Godslaughtering Murder Machine
7. Symphony of the Deceived
8. Loveless, Godless, Flawless

スウェーデン出身のインダストリアルメロディックデスメタルバンドの
4作目。過去作は未聴。
このバンドは元Dark Funeralや元Grave、Embracedのメンバー
なんかも在籍するユニットみたいです。
ちなみにバンド名のMCMXCIXってのはラテン語で1999の意味。
未だにMMRやムーを愛してやまない俺にはツボなバンド名です。

コンセプトアルバム的な構成になってまして、
テーマはそのまま、世界の終わり。
ミドルテンポでザクザクと刻むデスメタルサウンドを土台に、
へヴィロック的なデジタルなアレンジをぶち込み、
そこにシンフォニックなアレンジを加えて、
血みどろな世界の終末をドラマティックに描いています。

印象的なのは女性ボーカルの存在で、妖しげな中音域での
歌唱を主体に、静かなパートでは淡々と歌ったり、朗々と高音を
響かせたりと非常に魅力的です。
これと破壊的なデス声の対比が良いアクセントになってますね。
かなり女性ボーカルの割合も多いですが、その血みどろな雰囲気が
いささかも緩和されるワケでなく、むしろ退廃的で破滅的な
イメージに拍車を掛けているように感じられます。
陳腐な喩えで恐縮ですが、地獄に落っことされたエヴァネッセンス
みたいな感じですか。フィナーレを飾るバラードの#8にも爽やかさは
無く、浮かんでくるのはアフターホロコーストな廃墟の世界。

全8曲66分でほとんどの曲が8分超えてます。
割と似た曲が多く、冒頭の勢いが長続きしないのが難点ではあります。
しかしそこかしこに顔を覗かせる北欧ならではの叙情性
たっぷりのギターソロは実に魅力的ですし、
大胆なデジタルアレンジも違和感なく曲に溶け込んでる感じで、
破滅の情景を想像させるのに一役買ってます。

こういう大仰な雰囲気は非常に好みです。
Embraced辺りが好きな人はツボに入るんじゃないでしょうか。

オフィシャル
Myspace

と、オフィシャル見てたら今年9月に新アルバムが出るようで。
先行シングルがダウンロード出来たりします。

シングル聴く限りじゃ今作とそれほど作風が変わらないような
気がしますが…とりあえず期待しておきます。
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/39-51dad6eb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。