Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Arcana Coelestia"Le Mirage de l'Idéal"(2009)
AC

Rating;B-
Track List
1. Duskfall
2. Requiem (For the Fathomless Void of Redemption)
3. Le Mirage de l'Idéal
4. Tragedy & Delirium I - The Tragedy
5. Tragedy & Delirium II - The Delirium
6. ...thus Fade in Nocturnal Deluge

イタリア産のブラックがかったフューネラルドゥームな人たちの2作目。リリースはTerrorizer誌と揉めてたATMF Recordsから。中心人物はLSとMZなる2人組みで、片割れのMZの方はUrnaLocus Mortisなるバンドの中心人物でもあったりする模様。Urnaの方はちょい気になったので、そのうちチェックしてみようかしら。

葬式ドゥームにも何種類かありますが、こいつらは退廃的なメロディの大渦巻を現出させるタイプです。エフェクトを多用して宗教音楽じみたド派手な荘厳さを加えて、「~の降臨」みたいなスケールのデカいビジョンを聴き手に鮮烈に焼き付けてくれます。ちなみに本作はスウェーデンの作家のストリンドベリの自伝小説の「地獄」を元ネタとしたコンセプトアルバムだそうで。バンド名の”Arcana Coelestia”というのも、ストリンドベリが傾倒した神秘主義の大家、スヴェーデンボリの著書「天界の秘儀」から取ったものとのこと。ストリンドベリ知ってる人ならもう少し楽しめるかもしれませんね。

ヴォーカルはデス声だけでなくクリーン声で朗々と歌い上げてみたり、時折ブラスト混ぜ込んだりして曲の展開も比較的多めだったりと、根差している所はドゥームではなくブラックメタルなんだろうなって印象。真性ドゥームリスナーからのウケはあまり良くなさそう。逆にブラックメタラーには葬式ドゥームへの入り口として聴けるのではないでしょうか。しかし、とかく派手な音でファーストインプレッションは良いのですが、中盤に差し掛かると割と展開等でちぐはぐな部分が目立つ気がします。装飾剥がすとあんまり中身が残らないと言いますか。ともあれ、夕暮れ時にBGMとしてゆったりと浸るには割りと適しているんではなかろうかと。シュゲブラとか好きな人にはオススメです。

Myspace
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/304-8effd711
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。