Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Oceans of Sadness"The Arrogance of Ignorance"(2008)
よっ

Rating:B
Track List
1. Roulette
2. Self-fulfilling Prophecy
3. Subconscious
4. Some Things Seem So Easy
5. The Weakest Link
6. Between The Lines
7. In the End
8. From Then On
9. Failure
10. Hope

ベルギー産メロデスの5作目。前作でAICのThem Bonesのカバーやってたんで気になってたんですが、フル聴いたのは本作が初。

マイスペで昔の曲試聴した時はガチっぽい低音ヴォーカルと取っ掛かりの弱さが気になってたんですが、本作は見事にその先入観吹っ飛ばしてくれました。いきなり男がハァハァ言ってる#1のイントロでホモ臭い印象は更に強くなったんですけど、ドカドカ突っ込まれる疾走パートと、メランコリックさを前面に押し出した引きの部分のチェンジが絶妙。聴き手がノンケだろうと無理やり薔薇空間にグイグイと引きずり込んでいく様はまさにガチ。肉付けしまくって脂ぎってイカ臭くなった後期Sentencedと最近のMercenaryを掛け合わせた感じとでも言えばよろしいでしょうか(どっちが受けでどっちが攻めかはご想像にお任せします)。

#3じゃ女性ヴォーカルも登場しますけど、その臭さが薄まることは微塵もなく、ヨハン・リーヴァがゲスト参加してる#7の序盤とかもう暑苦しいことこの上ありません。後半で緊張感が途切れてしまうのが残念ではありますが、曲ごとの個性はしっかりしてますので、ゴテゴテしてる割には意外にすんなりと聴き通すことが出来ました。"3-2-1-GO!"の掛け声からソロで爆走する#5が特にツボです。ヴォーカルの好みが分かれそうな所ではありますけど、濃いメロデス求めてる人にはオススメ出来るアルバムだと思います。

オフィシャル
Myspace
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/286-2fd6e7c9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。