Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Remembrance"Silencing The Moments"(2008)
五里霧中

Rating:B-
Track List
1. Thief of Light
2. Death Diaries
3. Silencing the Moments
4. These Hallways Are Eternal
5. Fragments
6. One Reckless Sleep

フランス産フューネラルドゥームの2作目。前作未聴。

バンド名が”追憶”とか、”刻まれる瞬間”というアルバムタイトルとか、このジャケとか、なんかそこはかとなくセカイ系のニオイを感じる。感じるんですよ。Mournful Congregationが海だとすれば、こちらは樹海か。腐乱巣っぽい耽美なシンセに導かれて、迷い込んだは涅槃の森。空は夕暮れ、枯れ果てた森の奥で、生ける死者と死せる生者がほら、呼んでる。ヒステリックな低音グロウルと、生気の感じられない女性ヴォーカルとのコントラストが産み出す寂寥感が良いです。音自体は圧迫サウンドつうより、ゴシカルで乾いた感じが強いですね。ドゥーム化して枯れたArcanaってとこでしょうか。全くの闇ではなく、薄闇。何もかもに絶望してるわけではないし、人の通った道もある。それでも、光に寄ってくる虫とは逆に、暗い道ばかりを選んで迷い込んでいってしまうような。ソフトMっつうかソフト自殺願望?肉は腐りかけが美味いというし、太陽は沈みかける頃が美しいのです。フランスらしいヲサレな空気(文化弱者のド偏見)って、マイナス方向にも十分通じるということを思い知らされました。てなわけでドゥームやゴシックの根っ子に流れる"退廃"って言霊に惹かれる方は末永く楽しめるアルバムになるかと思いますよ。

4/24追記:"刻まれる瞬間”ってなんだよ。スライスじゃなくてサイレンスじゃねぇか。ここの管理人のかわいそうな英語能力が証明されました。ああもう死ね。

オフィシャル
Myspace
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/279-883a88e8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。