Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Mournful Congregation" The June Frost"(2009)
豪州だと6月が冬だったっけか

Rating:A-
Track List
1. Solemn Strikes the Funeral Chime
2. White Cold Wrath Burnt Frozen Blood
3. Descent of the Flames
4. The June Frost
5. A Slow March to the Burial
6. The Februar Winds
7. Suicide Choir
8. The Wreath

オーストラリア産フューネラルドゥームの約4年振りの3作目。基本的に前作の路線を踏襲した作風で、終始重くゆったりとしたリズムで進行しつつ、そこに暗く物悲しいメロディが重さすら感じる霧のように充満していく感じ。タイトルトラックのインスト曲である#4や#7の終盤で流れる泣きのメロディとか天国のUli Jon Rothも一回蘇ってまた死ぬんじゃないかって程です。死んでないけど。前作に比べるとリフで進行する展開が増え、アルバムの構成も小曲と大曲が交互に来るようになっており、割合取っ付き易くなってると思います。海葬終わって逝くとこまで逝った後も更に葬式を続けるかのようだった前作に比べると、本作はまだ現世に留まってるような印象。まぁ、年齢が一桁じゃないとロリとは認めないとか言ってたヤツが、やっぱり小学校高学年くらいまではアリだよとか言い出すのと同じくらいの違いしかないような気もするんですが、死出の旅路のドラマティックな展開をより分かり易く感じられるようになった分、自分は前作より今作の方が好みですね。

マイスペで彼らの掲げてる"Macrocosmic Doom for Microcosmic Beings"ってフレーズがどうしようもなくて好きです。もうずっと日陰者でいい。

Myspace
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/263-9ef8db12
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。