Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
"マクロスF O.S.T. 2 娘トラ。" (2008)
アナタノオトー DQN DQN DQN

Rating:9.5/10
Track List
1. Prologue F
2. ノーザンクロス
3. トライアングラー(fight on stage)
4. HighSchoolLife
5. トランスフォーメーション
6. アナタノオト
7. Test Flight Delight
8. 星間飛行
9. イヌミミランカ
10. 妖精
11. 追憶のトランペット
12. 真空のダイアモンド クレバス
13. 愛・おぼえていますか~bless the little queen
14. 蒼のエーテル
15. is this LOVE?
16. shadow of Michael
17. アイモ O.C.
18. Battle Frontier
19. 娘々サービスメドレー
20. プロトカルチュア

マクロスF(フロンティア)のサントラ、前作"娘フロ。"に続く第二弾。

ちょうどマクロスFと同時期に放送してたギアスの二期が、足掛け4クールにも渡って
引っ張ったクセに結局オチは予定調和かよ、とガックリさせられたのに対し、
こちらの最終回はもうそれまでの伏線とか設定とか恋の行方だとかを
「とりあえず歌スゲェ、マジスゲェ、超スゲェ!!!」
という力技のみで強引に捻じ伏せたのに非常に感動しました。
やはりマクロスには三角関係と戦闘シーンと熱い展開、そんでもって歌さえあれば
後はどうだって良いのだということを再認識しました。

前作と今作は、そんなマクロスF本編の、というよりマクロスシリーズ自体の要素を
とことんデフォルメして濃縮還元したような内容になってるかと思います。
今作は前作よりも更に歌モノの割合が増えたせいもあってか(全20曲中11曲が
ボーカル曲)、更にアルバムとしての濃ゆさが増してます。
アニメ本編のプロローグの#1から、後期のED曲である#2、そして最終回の
エンディングで流れた「わたし、それともわたし?」と選択肢の無い二択を迫る
#3と、序盤の流れだけでも昇天できます。中盤でも全くその勢いが落ちることはなく、
更に大仰さを増して盛り上がっていく終盤の#17、18、そして後期のOP曲である
"ライオン”をメドレーにアレンジした#19で盛り上がりは最高潮に。
アニメでランカの歌う姿を見て鼻血吹いて気絶したゼントラーディの兵士と同じく、
俺ももう正気でいられる自信がありません。で、デカルチャァァァァァァ!!!!

とにかくボーカル曲からインスト曲への繋ぎが本当に絶妙で、全20曲で70分以上
あるのに、あっと言う間に聴き終えてしまってるのは、曲の配置の妙でしょう。
#12、13、14とか聴いてて改めて思いましたが、このマクロスFの歌姫二人、
ランカ役の中島愛さんと、歌シェリルことMay'nさんは他の人選が考えられない
程にハマってたなと。にしても「超時空アイドル」ってアタマの悪いフレーズだ(笑)。

そしてやはり菅野よう子。この人が提供するアニメの楽曲って、アニメ見てなくても
菅野よう子の曲だって大概一発で分かる程主張強いんですが、元のアニメの
世界に合ってなかったということがないんですよね。パクリ疑惑も色々言われてる
みたいですけど、この人はコンポーザーというより仕事人なのではないでしょうか。

もう最近は通勤の時にこればっかり聴いてます。もう10回くらい通しで聴いてますが、
まだまだ飽きる気配ないです。劇場版の製作も決まったみたいで、それに合わせて
またサントラも出ることでしょうから、今から楽しみで仕方ありませんぜ。

マクロスFRONTIER(公式)
Posted by ymd
comment:4   trackback:0
[CD review
comment
トライアングラー
♪き~みは誰とキスをする? わ~たし それともあの娘ぉ?♪

最近友人がおもろいと言うので最近ネットで視聴してます。

このフレーズが頭から離れません。

バトルと恋愛と熱い展開は少年マンガでは王道ですな。

これがあればラオウですら倒せます。

あと漫画版の「無限の住人」も見てます。

アニメは第1話を視聴済。

何か最近漫画が熱い。

ロギア系に対抗するのは覇気だのペインは人の名前でなく術の名前で本体いないだの暇をする暇がない。

ペインの元ネタはおそらく白土三平の「サスケ」かと。




2008/10/26 06:10 | | edit posted by 覇次郎
私、それとも俺?
お久しぶりです。二ヶ月近くにも渡って放置してまして
本当にすいません・・・

自分も王道な展開好きです。
しかし熱い展開をすぐにベタだの厨臭いとか言う様な風潮が
広まったのはいつからなんでしょうねぇ。

無限の住人は読んだことないのですよね。
確か原作の世界観を元に人間椅子がイメージアルバム作って
ましたっけ。そちらも気になっております。

2008/12/20 23:19 | | edit posted by ループ・ゾンビ
2ヶ月たってもあんまり話が進んでないあたりがさすがはジャンプの長期連載って感じですな。

王道を否定するヒネクレたチャンネルⅡユーザーが若い世代で激増してそうな予感。

ゆとり教育の弊害か…。

人間椅子のそのアルバムはレンタルしてコピーしましたがまだ聴いてましぇん。
2008/12/22 00:16 | | edit posted by 覇次郎
富樫よりもバスタードの作者の方が酷いと思います
真正面からのモノを否定したくなる時期というのは確かにあるんですけどねぇ。
自分も未だにそこを通り過ぎたワケではないですし。

どこぞかで目にしたことですけど、今の中学生や高校生って
そういうビョーキにかかり易い時にネットがすぐ近くにあるもんですから、
余計に症状が悪化することが多いのかなぁ、と。
2008/12/23 01:07 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/246-6ac30ea8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。