Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Kataxu"Hunger of Elements"(2005)
これがラピュタの雷だッ!!!!


Rating:8.4/10
Track List
1. In My Dungeon!
2. In Arms of the Astral World
3. Below the Tree of Life
4. Nightsky
5. The Manifesto of the Unity
6. The Breath of Atlantis

ポーランドのNSブラックメタルの2作目。

全6曲のうちが偶数のトラックがインストで、奇数のトラックがヴォーカルの入る曲と
なってます。 まず耳を惹くのはシンセサイザーでして、もう明らかに装飾過剰。
神秘とか荘厳とか通り越して暗黒太極拳のレベルに達してます。
一応ペイガン系にカテゴライズされてますが、民俗臭や土着臭はそんなにしません。
むしろ真夜中の山の頂上でUFO呼ぶ儀式とサバトーを一緒くたにして行ってる
ような感じがします。In the Nightside Eclipseの頃のEmperorが引き合いに
出されたりする本作ですが、初期のLimbonic Artにも近いんじゃないでしょうか。
吼え猛るヴォーカルも無闇にスケールのデカイバックのサウンドに埋もれず、
テンション高くて非常にカッコ良いです。

ただ、ペイガン系の土着臭が薄いだけでなく、血生臭さまで薄くなって
しまってるような気がするのですよ。正直交互に登場するインスト曲に
それほど魅力を見出せないです。ヴォーカルの入る曲はどれも10分超の大曲で、
濃密でゴッテゴテしてて素敵なんですが、これがインストになると妙にしおらしく
聞こえてしまうのがどうにも。アルバムの締めがインストなものですから、
聴き終えた後に食い足りなさを感じてしまいます。あんまり長いのもダレますが、
このアルバムはもう少し長くても良かったかなと。

しかしまぁ、魅力があるからこそ食い足りなさを感じてしまうワケですので。
本作がEmperorの1stの正統な続編ってのは幾らなんでも持ち上げ過ぎでしょうが、
シンフォブラック系で濃ゆいのが聴きたい人ならば、満足できるアルバムだと思います。

Myspace
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
この前、このKataxuとLunar Aurora「Andacht」を買ってきましたよ。

どちらも1曲が長めですが、どちらもすんなり聴きとおせましたね。
ポーランドってブルデスっぽいブラック野郎ばっかりだと思ってましたが、
こういう荘厳なのも良質ですね。まあ他をよく知らないでけど。

にしても通勤が片道2時間でその間に音楽を聴こうするんですが、
いつもどうしても寝てしまって全然消化できずにいます。
やっぱり仕事するのは疲れるものですね。特に情報系は精神的に。
2008/08/31 00:47 | | edit posted by こるぴ
自分もポーランドのバンドってそんなに知らないんですが、
VaderやBehemoth、Infernal Warとかのせいで暴走野郎
ばかりだと思ってました(笑) ポーランドに限らず東欧って
NSブラック多いみたいですね。私は未聴ですがポーランドで
比較的有名なのですとGravelandとかいますね。

情報系の仕事はやはり精神的に参っちまいますなぁ。
もう月曜日の朝とかドン底ですよ。
2008/09/01 00:49 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/223-66c514a5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。