Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
The Ruins of Beverast"Rain upon the Impure"(2006)
暗くて分かりにくい


Rating:8.3/10
Track List
1. 50 Forts Along The Rhine
2. Soliloquy Of The Stigmatised Shepherd
3. Rapture
4. Blood Vaults (I: Thy Virginal Malodour)
5. Soil Of The Incestuous
6. Balnaa-Kheil The Bleak
7. Rain Upon The Impure

ドイツの独りブラックメタルの2作目。バンド名の"Beverast"ってのは北欧神話に登場する
アスガルドとミッドガルドを結ぶ虹の橋"ビフロスト"からもじった造語なんだそうな。
ちなみにメンバーは元Nagelfarの人らしい。

トータルランニングタイムは全7曲で約80分。インストである#3と#6を除くと、
一曲の平均時間が15分という嫌がらせ仕様。中身の方もこれまた情け容赦なく、
世界の終わりに虹の橋が焼け落ちてく様子をじっくりと見物させられる嫌がらせ仕様。
ノイズがかった音質で、バタバタとブラストしながら突っ走ったり、減速して重苦っしい
ドゥームなリフで引き摺ったりしながら、ヴォーカルが潰した蛙みたいな声で呪詛を吐きかけ、
うっすらとかぶさってくる不穏なシンセの音が妙に荘厳で、無闇にスケールがデカさを感じ
させてくれるのがまたなんとも愉快。まぁサウンド自体に特に目新しさはないのだけれど、
どこを切り取っても焼け焦げて黒くなった何かしか出てこない辺り、どうしようもなくて好きです。

ただ欠点はとにかく長いことか。曲中で緩急はしっかりしてるし、展開も割と凝ってはいるが、
曲の区別?なんですかソレ食い物ですか?みたいなサウンドなので、80分を通しで聴くと
さすがに疲れる。もう2曲くらい少なくても良かったような。あと音量が小さいせいで
どうにも迫力が欠けてしまってるのも残念なところ。

ともあれ、ドイツの暗黒面を垣間見れるアルバムであることは間違いないと思う。

オフィシャル
Myspace
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
マイスペで聴いてみましたがNagelfarより好きかもしれません。
でもあんまり早朝の通勤時間とかには聴きたくない音ですね。
到着することには披露してそうで。(笑)

はるまげに置いてあるっぽいのでお金に余裕ができたら手を出してみますかね。
月給200万くらいになりたい。
2008/03/30 19:31 | | edit posted by こるぴ
私はNagelfarの方は未聴なんですが、こちらは結構気に入りました。
通勤BGMには全くもって不向きであることは間違いありません(笑)

社会人になったらなったで、何かと出費が増えるので、相変わらず貧乏です。
ホントに、月給200万くらいになればいいのに。
2008/04/01 01:25 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/213-0a963151
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。