Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Imindain“And the Living Shall Envy the Dead”(2007)
開くと左右対称になってます


Rating:6.8/10
Track List
1. The Buried Room
2. Nausea
3. Black Water
4. The Curse of Knowing and Becoming
5. Men Shall Be Vessels
6. This Empty Flesh

イギリス産のドゥームの1作目。

サウンドはMournful Congregationに近い感じですか。スロー~ミドルのテンポで展開され
時折挿入されるメロディアスなフレーズが耳を引きます。このバンドで特徴的なのは
やはりヴォーカルでしょうか。メインは低音の呪怨声なのですがヴォーカルが二人体制で、
#1以外ではBurzumみたいなヒャアアアア声が入ってくるのが印象的。クリーンで朗々と
歌う声は普通の声で歌ってる時のアッティラにも似てるかも。

雰囲気自体は悪くないのですが、音の切れ目が少々もっさりしてるのが残念な所。
真性ドゥームな連中に比べたら曲の区別は付き易いにも関わらず、クドさの方が先に
出てしまってるように思います。暗いメロディにしても、イマイチ奥行きを感じられないので、
Mournful Congregation辺りと比べると、まだ涅槃の入り口って感じがしなくもないです。
多分まだそれ程こいつら不幸じゃないのでしょうね。これから先メンバーに悲劇が起こったり
して、どんどん暗くなっていくことを期待してます。

Myspace
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
メロデスとドゥームの中間ですね
2009/02/20 18:01 | | edit posted by .
久々に引っ張り出して聴いてみましたがそんな感じですね。割と初期のメロデスに通じる所があるような気がします。
2009/02/21 13:16 | | edit posted by ymd
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/193-e5f20ca0
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。