Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
六道神士“Holy Brownie(5)”(2008)
最近はピオラの方が好きです


“エクセル・サーガ”で有名な六道神士がヤングキングアワーズ増刊でやってる
ダークメェルヒェン(笑)な漫画です。
エクセル・サーガの方は高校の時にアニメは全話見たのですけれど、漫画の方は
未読のまま巻数が増えて行き、何となく手を出せないまま現在に至ってますが、
こちらは一応全巻買ってます。

とかくネタが毎回やたらにシビアなもんで、最初読んだ時は1、2巻くらいで終わる
んじゃねぇかなぁ(3巻の最後の話は完全に最終話ぽかったし)とか思ってたんですが、
2年に一回くらいのペースで地味に巻数を重ねて今年で何気に5巻ですって。驚きです。
今回もラフカディオ・ハーンのネタやら真剣10代のネタやら、節操無く色んなとこからネタを
持ってきてはブラックなユーモアと微エロで料理してくノリは相変わらず。個人的に赤頭巾と
チェルノブイリの話が今回一番愉快でした。元々ある程度元ネタ分からないと全く笑えない
可能性の高いギャグ漫画で、今回更にその度合いが高くなってる気はしますし、勢いは
流石に落ちてるようには思います。でもまぁ、パターン化してズルズルになってる感じは
ないので、ゲラゲラ笑いながら読めました。今巻にも最終回みたいなエピソードやってました
けど、次巻はいつになるのか、てか出るのか。まぁまた忘れた頃にでも出てくれればいい
です。
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[漫画・小説とか
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/192-bfea3b6c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。