Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Exhumed“Slaughtercult”(2000)
今日もモツ鍋


Rating:9.1/10
Track List
1. Decrepit Crescendo
2. Forged in Fire (Formed in Flame)
3. A Lesson in Pathology
4. This Axe Was Made to Grind
5. Carnal Epitaph
6. Dinnertime in the Morgue
7. Fester Forever
8. Deep Red
9. Infester
10. Slave to the Casket
11. Slaughtercult
12. Funeral Fuck
13. Vacant Grave

カリフォルニアの残虐野郎共の2作目。

ジャケは相変わらず臓物とか血とか散乱してますけど、
前作に比べるとグチャっとした感触は減り、音質もクリアになってます。
でも靄がかかって良く見えなかった惨殺シーンをハイビジョンにしてお茶の間に
お届けするようなもので、内臓や血が噴出する様子だけでなく、大腸に残った
糞が流れてる様子とか、脳みそがどんな色なのかとか、別に見たくも無いものまで
やたらに鮮明に映ってて、ものすんげーありがた迷惑な感じです。

リフやヴォーカルの切れ味は更に鋭くなり、ゴアグラインドっつうよりは、殺傷力のみに
特化したSlayerかDark Angelみたいな印象ですね。
トータルランニングタイムは13曲で35分弱(国内盤はボートラ入れても17曲で44分)
と短いんですが、その短い時間にどれだけ人を殺せるかってことに心血注いでる様子が
非常に微笑ましいです。コンマ1秒の間にミリ単位で人間をバラバラにするような
テンションでもって全速力で駆け抜けてく様子がやたらにカッコ良いのですよ。
曲名や歌詞はやはりどうしようもなく、「葬式ファック」とかもうバカって言葉以外
に思い付かないんですけど。前作に比べると曲のバリエーションは減ってて、
一本調子なとこはあるかもしれませんが、あまり深いこと考えて聴くようなサウンド
じゃないと思いますので、全く問題ないです。通った後には屍山血河しか残らないような
極道っぷりが素敵なアルバムだと思います。

オフィシャル
Myspace
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/191-1a1ffeb4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。