Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Avsolutized...“Den Svarta Vandans Genealogi”(2008)
上のロゴ読めません


Rating:9.0/10
Track List
1. Det Tysta Fallet
2. An Everlasting Circulation Of Void
3. My Veins Are Open (Setherial Cover)
4. A Lament For You There
5. Utan Dod...

日本は熊本出身のブラックメタルデュオの500枚限定のEP。
Neinsphere Recordsというレーベルからのリリースされてます。
今の所リリースしてるのはAvsolutized...の作品のみの模様。一応日本のレーベルなのか?
このバンドですが、元はメンバーであるMiZANE氏のインストソロプロジェクトだったらしく、
そこにヴォーカルのUr Emdr Oervn氏が加入して現在のような形になったとのこと。

メンバーの詳しいプロフィールは不明ですが、ヴォーカルの声聞けば一発で
Arkha Svaのヴォーカルと同じだと分かります。下水道から直送、生きて腸まで届きそうな
成分満載の汚物のようなゲボ声から、盛りのついた猿でももう少し穏やかだろうと
思える程にキンキンと響くスクリームまで、相変わらず表情豊か、というか振れ幅は
Arkha Svaの時よりも大きいかもしれません。狂っているとか病んでるというより、実は
かなり巧いヴォーカルなのではないかと今作聴いて余計に思いました。正体不明なのに
特徴あり過ぎですってこの人。

やってること自体はArkha Svaと大差ありませんが、音質がよりラフになり、メロウな
リフの比重が増してる感じがします。ドラムの音が小気味良いのも好印象ですね。
Arkha Svaがフランス寄りだったのに対して、こちらは初期DissectionやNaglfar辺りの
スウェーデン勢に近いかと。まぁSetherialのカバーなんてやってるくらいですしね。
Arkha Svaよりも顕著なのは、ヴォーカルとバックの演奏との絡み合いが非常に巧みなこと
でしょうか。前者はヴォーカルの存在が若干浮いてる印象があったんですが、こちらはその
歯車がきちんと噛み合った感じで、メランコリックさとキモさが更に増幅されてるように
思います。四方八方から潰れた蛙の合唱みたいなのが響き渡る#5のイントロとか
悪ノリし過ぎです。やっぱりキモいです

カバー曲含めて、曲の起伏も富んでまして、個人的にはArkha Svaの
去年のアルバムよりも気に入りました。フルアルバムが待ち遠しい所であります。

オフィシャル
音源

Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/170-070eb042
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。