Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
The Ocean“Precambrian”(2007)
先カンブリア時代


Rating:9.4/10
Track List
Disc 1
1. Hadean
2. Eoarchaean
3. Paleoarchaean
4. Mesoarchaean
5. Neoarchaean
Disc 2
1. Siderian
2. Rhyacian
3. Orosirian
4. Statherian
5. Calymmian
6. Ectasian
7. Stenian
8. Tonian
9. Cryogenian

ドイツ産のプログレ/スラッジコアユニットの4作目。過去作は未聴。
30人くらいのメンバーが在籍する大所帯のようです。

アルバムのジャケットは太古の地球の様子を示したものでしょうか。
タイトルがPrecambrian(先カンブリア紀)ということで、
曲のタイトルも先カンブリア紀のそれぞれの年代に則したものになっており、後のトラック
になるに連れて、年代も新しくなっているようです。
まずディスク1では、#1がHadean(冥王代:約45億5000万年前~約38億年前)で、
#2~5がArchaean(始生代:約38億年前~約25億年前)で、Eoarchaean(暁始生代)、
Paleoarchaean(古始生代)、Mesoarchaean(中始生代)、Neoarchaean(新始生代)と、
なってます。#5のラストで入る爆音みたいなSEは海底火山の噴火を表現してるのか。
続くディスク2はProterozoic(元生代:約25億年前~5億4200万年前)ということで、
#1~4までがPaleoproterozoic(古元生代:約25億年前~約16億年前)で、
シデリアン、リヤシアン、オロシリアン、スタテリアン、#5~7がMesoproterozoic
(中元生代:約16億年前~約10億年前)で、カリミアン、エクタシアン、ステニアン、
#8、9がNeoproterozoic(新原生代:約10億年前~5億4200万年前)で、トニアン、
クリオジェニアンという感じに分かれてます。Neoproterozoicなら、Cryogenianの
後にEdiacaran(エディアカラ紀)がくる筈なのですが、何故かアルバムでは省略されて
ますね。途中で飽きたんでしょうか。ちなみに藻類によって大気中に酸素の放出が始まり、
オゾン層ができて紫外線が地表に届かなくなったのが元生代だそうです。
勉強になりますね。受験生の皆さんはセンター試験お疲れ様でした。こんな単語覚えた
所でまず試験に出ることはありませんから、とっとと他の科目勉強しましょう。

本作が何故こんなコンセプトなのかはイマイチよく分かりませんが(バンド名から来てる
のか?)、地球の進化という無闇にスケールのデカイ題材をしっかりと大スペクタルで
表現してると思います。ディスク1ではMeshuggahとMastodon辺りを掛け合わせたような
ノリで、分厚い音の壁で圧殺されるような迫力が前面に押し出されてます。複雑ながらも
どことなくキャッチーさも感じさせるリズムが非常にカッコイイです。
ディスク2ではその勢いを抑えつつ、ジャズやニューウェーブみたいな音まで突っ込み、
へヴィさとスケールを更に増大させ、聴き手を深みに引きずり込んでいきます。
アンビエントなメロディの流れる静かなパートと、へヴィなパートとが行ったり来たり
しながら展開していく様からは、原初の地球の海の暗く、淀んだ様子が脳裏に浮かびます。
実際に見たことなんかありませんけどね。バンドの方向性こそ違いますが、ディスク2における
異様な圧迫感と雰囲気、そして入ったらほぼ100%の確立で死ぬような海の様子を描いて
るという所では、一昨年の同郷のAhabのアルバムにも通じるものがあるんじゃないでしょうか。

インナーのアートワークでもイカとかタコとかクラゲみたいな気色の悪い生物が
ゆらゆら漂ってまして、ディスカバリーチャンネルの深海特集を見てインスピレーション
を受けたのか、それともルルイエに眠ってるヤツと契約したのかどうかは分かりませんが、
全14曲80分強に渡って不可解なコンセプトを貫き通し、その大仰なコンセプトに
負けないだけのダイナミズムがサウンドに満ちているというのは素直に凄いと思いました。
これだけの大作で色んな要素を詰め込んでて、曲の構成も緻密に計算づくというわけでも
ないのに、一気に聴き通せてしまうのも魅力かと。不可解なコンセプトを聴き手を強引に
納得させてしまう強烈な説得力のあるアルバムですね。

オフィシャル
Myspace
Posted by ymd
comment:3   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
一位
そういや、センター試験の英語で全国一位のヤツもDEICIDEの意味知らんかったな。フッ…、勝ったゼ!(笑)
2008/01/24 18:10 | | edit posted by 覇次郎
これ、買ったんですが積んでます。

どうにも長くて聴きこめてないです。
というわけで時間に余裕があれば
今後じっくりと吟味しようか思ってます。

にしてもメンバーが30人とは何とも盛大ですね。
収入の振り分けとかどうするのか気になります(笑)
2008/01/24 19:48 | | edit posted by こるぴ
>>覇次郎さん

メタル聴いてると間違っても試験には
出そうもない英語ばかりを覚えていきますな。
しかし「神殺し」って言葉が普通に使われる日常って嫌ですね(笑)

>>こるぴさん

いかんせん長いので、気軽に聴けないのが難点ではありますが、
情報量が多い割にはこちらの精神力を必要としないので、
案外長さを感じずに自分は聴くことが出来ましたね。
時間のある時には是非。

確かに収入の振り分けとかには難儀してそうですね。
パートによって格差が存在したりしてるんでしょうか(笑)
2008/01/24 20:44 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/168-a4133ec8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。