Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Yakuza“Transmutations”(2007)
手抜きだよな


Rating:6.5/10
Track List
1. Meat Curtains
2. Egocide
3. Congestive Art-Failure
4. Praying For Asteroids
5. Raus
6. Steal the Fire
7. The Blinding
8. Existence Into Oblivion
9. Perception Management
10. Black Market Liver
11. Zombies

シカゴ出身の実験系プログレメタルコアバンドの3作目。
過去作は未聴。

バンド名がバンド名ですから、てっきりHarakiriJig-Aiみたいに日本文化を勘違いして
受容したグチャドロデスバンドだと思ってましたが、予想に反して意外にマトモな音でした。
まぁマトモと言うのは上記の2バンドのように「かけ算は1の位までしかわからないぜ!」
みたいな連中と比較した場合の話ではありますが。ハードコアサウンドを下敷きに、
グラインドコアやジャズ、アンビエントの要素をあれもこれもとぶち込んだ感じですね。
他のバンドですと最近のIsis辺りのサウンドに近いんじゃないでしょうか。
バックで鳴るサックスの音がやたらに存在感放ってますので、その辺りでバンド名通り
に80年代のVシネでしか上映してなさそうなヤクザ映画のBGMを思い起こさないこと
もないです。

しかしやりたいことをやりたいようにぶち込んだのは良いけれど、
その結果曲が長尺になって起承転結がハッキリしなくなってるのが難点。
所々に取っ掛かれるようなポイントもありはしますが、いわゆる「オチ」が存在
しないので、カタルシスも感じられず、アルバム聴き終えた後にあんまり
印象に残らないのがどうにも。いろんな所に手を広げてるうちに足元をすくわれて
倒れてしまう辺りがこれまたヤクザっぽい所なのでしょうかね。バンド名の割には
捉え所の難しい連中です。胡散臭い雰囲気は捨てがたいものがありますが、
あんまし何度も聴こうという気にはならないですね。

まぁ、このバンド名だけでもこいつらはオッケーな気もしますが。
ヤクザというよりはヤク中のチンピラってな方がしっくり来るかもしれません。

Myspace
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
修羅の道 ~広島抗争編~
メンバーは

Kumi-Chou <Vo>

Saikou-Komon<G>

Soudan-Yaku <G>

Souhonbu-chou<B>

Waka-Gasira<Ds>

であってますよね?(笑)
2008/01/16 20:15 | | edit posted by 覇次郎
月刊実話時代
そして恐らくサックス担当がSya-Teiです(笑) 
一番こき使われてそうなので。
2008/01/16 23:20 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/163-1b0ef1b0
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。