Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Martyr“Feeding the Abscess”(2006)
YOU-ROBOT

Rating:9.2/10

1. Perpetual Healing (Infinite Pain)
2. Lost in Sanity
3. Feast of Vermin
4. Interlude - Desolate Ruins (Instrumental)
5. Havoc
6. Nameless, Faceless, Neverborn
7. Silent Science
8. Felony
9. Part I : Echoes of the Unseen
10. Part II : Romancing Ghouls
11. Part III : Stasis Field
12. Part IV : Shellshocked
13. Brain Scan (Voivod cover)

カナダ出身のテクニカルデスメタルバンドの6年のスパンを経ての3作目。
前作で垣間見られたような叙情性はなりを潜め、非常に尖ってて殺気だった印象が
強いです。リフの硬質さなんかは最近のメタルコア系にも通じるものがあるかもしれません。
もっともそれはあくまで外殻の話で、中身は1stの頃から変化しておらず、
WatchtowerやCynicに代表されるようなネジの外れた変態系テクニカルデスラッシュ
です。アルバム始まったらもう速いパートでも遅いパートでも心の休まる間などなく、
それが絶妙なタイミングでスイッチされながら展開されていきます。

メンバー全員がイカれたテクニックの持ち主ではあるのでしょうが、それら全てが聴き手を
悪酔いさせることに向けて作用してますね。テク偏重のバンドはリスナーを置き去りにしがち
だったりするものですが、こいつらの場合リスナーは強制的にサイバーパンクな世界に
ご招待してくれるので、非常に親切かつ迷惑です。アルバム通じて48分とそんなに尺は長く
ないのですが、濃いです。

CynicやAteistやSpiral Architectやら、同系列のバンドは割と多いですが、
本作は攻撃性が重視されてるのもポイントかと。個人的には胡散臭いSFちっくな雰囲気が
アルバムを通じて流れているのもツボでした。Voivodのカバーもキマってます。
機械的ということに関しては昨年のBeneath The Massacre辺りにも通じるものが
あるかもしれません。まぁリリースされたのはこちらが先ですし、そもそも同郷ですし。
そんなわけでちょい昔の変態デスラッシュに嵌った人は勿論、Beneath The Massacre
や、Intronaut辺りがツボだった方にもオススメかと思われます。

しかしこのテのバンドって一発屋か新作リリースまでの期間がクソみたいに長いか
どちらかなのですよね。このバンドは後者なのでしょうが、次はいつになるやら。

オフィシャル
Myspace
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/159-16c4f9cd
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。