Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Spektr“Near Death Experience”(2006)
真っ黒


Rating:8.5/10
Track List
1. The Violent Stink Of Twitching Terror
2. Astral Descent
3. Climax
4. Phantom Reality
5. Visualization
6. Whatever The Case May Be
7. Disturbing Signal
8. Unio Mystica
9. His Mind Ravaged, His Memory Shattered

お仏蘭西産のノイズインダストリアルブラックメタルバンドの2作目。1stは未聴。
アルバムのタイトルは「臨死体験」という意味ですね。メンバーは2名の模様。

再生ボタン押して3分程、聞いてて非常に嫌な気分になる気色の悪いノイズが
垂れ流されます。それが途切れたと思ったらバカバカと喧しいドラムと尖りまくった
ギターのリフと共にブラックメタルパート、というか邪念パートが垂れ流されます。
何言ってるかよく分からないナレーションやらセリフが挿入されたり、静かなパートが入った
りもするんですけど、とかくザラつきまくった音質とノイズのせいで、それが全部不快感を
催す方向に強制的にシフトされます。ノイズの切り込んでくるタイミングも、人間のバイオリズ
ムに合わせたかのような感じで、すげえ嫌。心の休まる間なぞ勿論存在しませんし、
死んだらきっと楽になれるぞーってな楽観もございません。だからこそ「臨死体験」なのね、
とか勝手に納得してます。

同系統のバンドでしたらThe Axis of Perdition辺りが近いと思います。
あちらを更にノイジーにして、金属的にした感じですかね。向こうはどことなくヌメっとした
感触がありますが、こちらはザラっとした感触と言いますか。気色悪いことに違いは
ないんですがね。どことなくGenocide Organを彷彿とさせるものもあるような。

つうことで臨死体験してみたいけど、危ないからなぁとか思ってる人は、このアルバムを
聴いて考えてみるとよろしいのではないでしょうか。もっとも丹波哲郎の言ってたスピリチュ
アルな大霊界は見えてきませんが。

Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/132-3aeebbf9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。