Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
Limbonic Art“Legacy Of Evil”(2007)
煉獄芸術の逆襲エピソード5


Rating:9.5/10
Track List
1. A Cosmic Funeral Of Memories
2. A Void Of Lifeless Dreams
3. Grace By Torments
4. Infernal Phantom Kingdom
5. Legacy Of Evil
6. Lycanthropic Tales
7. Nebulous Dawn
8. Seven Doors Of Death
9. Twilight Omen
10. Unleashed From Hell

昨年再結成したノルウェーのシンフォニックブラックメタルバンドの前作から
約5年ぶりとなる5作目。彼らの1stアルバムはブラックメタルの名盤として
名前が挙がることが多いんですが、嫌がらせのように長い曲が多く、なんか散漫な
感じで、自分はそこまで嵌れなかったりしました。宇宙っぽくて胡散臭い雰囲気は
好きだったんですがね。んで、本作ですが・・・

「悪しき遺産」というアルバムタイトルから、どっかの宇宙魔王が呼び出したデススターが
銀河系に接近中!というジャケットから、もう昔のB級似非SF映画みたいな感じがプンプン
臭って来て素敵過ぎなのですが、中身の方もその無闇なスケールのデカさを余すところ無く
伝えたものとなってます。再生した瞬間からテンションの馬鹿高い#1に、微妙にメロデス
っぽい#2、魔王の軍勢が大挙して襲来!白が3分に黒が7分!みたいな#4、#5、
コーラスまで登場して壮大にぶち抜けていく#6は、後半で何故かサイレンみたいな音が
聞こえてきます。キーボードとギターが乱舞しながら爆走する#8に、これまた聖歌隊の
コーラスみたいなのが聞こえてきたかと思ったら実は魔王様の召喚の儀式でしたよー
みたいな#9、ラストを飾る#10はスラッシーなナンバーでキャッチーさすら感じさせます。
これまでの作品と比較すると全体的にストレートな楽曲が増えてる気がしますね。
Zyklonの1stをシンフォニックにしたような感触ですな。つうかDaemonはZyklonの1stに
参加してましたしね。全体的に雰囲気よりも攻撃性の方が前面に出てます。とは言え
それがやたらにスケールが大きく展開されるものですから、非常に頭の悪い感じがして
たまりません。ヴォーカルも表現力豊かですし、ギターの切り込み方や、キーボードの
入り方なんかも絶妙。ドラムは打ち込みですがブラスト一辺倒でもなく、緩急がしっかりして
て気持ち良いです。

暗黒宇宙遊泳みたいな胡散臭い雰囲気は弱くなってますので、そこに魅力を感じてた
人には厳しいかもしれませんが、復活後第一弾としては十分過ぎる程の気合いに充ちた
会心の作品だと思います。スケールの壮大さ、そしてテーマの恥ずかしさ共にフォロアー
を大きく突き放してます。Cradle Of FilthやDimmu Borgirの近作に満足できてない方にも
オススメでしょう。

Myspace
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
comment
 そうなんですよ、曲が長過ぎたのが昔の彼らのネックでした。いや、そこが魅力なんですけどね。
 これ、かなり良さそうですね~。ブラックなMANOWARという感じがして。
2007/10/15 23:54 | | edit posted by Moseby
Limbonic Artは雰囲気で聴かせる感じの
バンドだと思ってたので、今作は割と
方向性変わってると思います。
ブラックなManowarってのは言い得て妙
かもしれません(笑)
2007/10/16 21:51 | | edit posted by ループ・ゾンビ
comment posting














 

trackback URL
http://culthouse.blog101.fc2.com/tb.php/124-b22c240f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。