Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
インスタント味噌汁ウマー
今日は誰かさんの命日らしいですが、ンな事は知りません。

さて、一応CDのレビューをやってる当ブログですが、ここの管理人は
楽器の演奏がほとんどできません。せいぜい出来るのは小学校の時に習ったリコーダー
くらいで、それですら今やれるかどうか怪しいものです。メタル聴き始めてからギター欲しい
なぁとか考えたことありますが、楽器って高いので、結局手を出せてません。
そんなこんなで、ここのレビューもまともな音楽知識無しでやってるワケですね。
以下の話は、言い訳がましいものなのかもしれんのですが。

こういうブログやってると散見するのが、楽器出来ない奴に音楽のレビューなんぞ
やる資格はねぇって意見なのです。ま、ロクすっぽ知識の無いヤツがあーだこーだと
語ることに関して、不快感を感じることもあるでしょうよ。

でもね、例えば店で出された料理に関して、料理の出来ない人が、美味いか不味いかって
口にしちゃいけないことなのでしょうかね?

私の知り合いに蕎麦屋やってる人がいますけど、その人が目指してるのは、100人中
100人が満足する味ではなく、100人中90人が満足できる味なんだそうで。
曰く、店で丹念に仕込みをやった味よりも、それこそインスタントのカップ蕎麦の
味の方が好きな人がいるとしても、それはそれで仕方がないと。
そういう味の方が好みの人もいるわけだから、そういう人にまでウチの店の味に
感動しろよってなことは言わないとのことで。
ま、考えてみりゃ当たり前のことです。100人いたら100人、味の好みは違うわけですからね。
それでも100人いる内の大多数が、満足できるようなモノを作りたいってのは、作り手として
は当然の意識でしょう。ま、当然料理人の人には頑固な人もいますから、そんなヤツには
うちの店の敷居をまたぐ資格はねぇ!とか言い出す人もいたりもするのでしょうね。

しかし作り手が材料集めに苦労しただとか、味付けの技術にはこんな苦労が伴っている
とかさ、そんなこと食ってる最中に言われてもねぇ。ま、そこまではまだ良いでしょう。
そこまで自分の味にこだわりを持って、客にそれを届けているわけですから。
そこの苦労話なんかは面白かったりしますし、作り手の真剣さが伝わって
こちらも良い気分になれることが多かったりします。

でも、そこから更に、どうしてウチの味の良さや苦労が分からないんだ、お前料理
作ったことねぇだろ!とか、お前にはウチの料理を食う資格はない!とか言われるとね。
私はそんな店には二度と行きたくないですね。そんな事こちらの知ったことじゃねぇですよ。
手前が望んで、手前が勝手にした苦労じゃないですか。そんなモノを第三者に強制するの
ってどうよ?私が頑固親父の店とか聞いてムカつくのはその辺りです。

料理に限らず同じことが言えますね。
作り手側の苦労を意識しろとか、作り手に敬意を払えだとか。
そんなこと知り様がないでしょう。作り手と同じ苦労を味わうことなんざそうそう出来ませんよ。
しかもそういったことを言い出すのは作り手よりも、客(受け手)の方が多かったりします。
そんでお前には感性が欠落してるだの語る資格が無いとか、もう傲慢と言うより寝言としか
思えませんね。

とは言え、店を発展させるのも、ダメにするのも客の責任によるものが大きいのは
確かです。受け手としてはそこから逃れることは出来ません。ネットでも口コミでも、
評判ってのは非常に大きな要素だと思います。

そして往々にして店を腐らせるのは、そうした責任に無自覚な人か、
作り手側の行為に一から十まで賛同してる人なのですよ。

酔った勢いで書いたら脈絡の無い文章になっちまいましたが、まぁいつものことです。
要は感性を人に強要するなってことです。これは勿論、自戒でもありますがね。

スポンサーサイト
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[雑記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。