Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
一万年と二千年前から
内定先に提出する課題が、卒論が終わらない。


人間やらねばならないことが目の前にあるとついつい別のことを
やりたくなってしまうもので、つい部屋の片付けをしたくなったり、
God Of WarⅡを全クリしてみたり、PCの音楽フォルダを整理してみたり。

こんなブログやっておきながら我が部屋にはまともなオーディオがないので、
音楽は基本的にPCで聴くのが主体だったりしまして。そんでCDから取り込んだり
ネットで落としたりしてるとファイルが溜まる溜まる溜まる溜まる。
メタル関係のフォルダだけで40Gとか冗談みたいなことになっとりました。
そんなわけでひたすら削除してたらいつの間にか時間が過ぎ去ってました。

そんなこんなで少しはきちんとしたオーディオ機器欲しいんですが、
もうすぐ引っ越すことを考えると荷物増やすのもなぁ、と。
そのクセCDは増えていくわけで、引越しの準備面倒なんだろうなぁ・・・。
11月も終わりなのに面倒ばかりです。息をするのも面倒です。
とりあえず素数でも数えて気持ちを落ち着かせます。

考えるのをやめた
スポンサーサイト
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[雑記
Asmodeus“Imperium Damnatum”(2006)
さよなら人類


Rating:8.2/10

 more...

Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
Liquid Tension Experiment“Liquid Tension Experiment 2”(1999)
ジョーダン・ルーデスに髪があるよ


Rating;8.7/10

 more...

Posted by ymd
comment:3   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
Saosin“Saosin”(2006)
かぶとむし


Rating:8.9/10

 more...

Posted by ymd
comment:4   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
ゴートゥDMC!
某サイトにて知ったのですが、DMCが実写映画化&アニメ化するらしいです。
以前こまくら氏にDMCアニメ化するよ!と聞いてそれがデビルメイクライ
だったと騙されたことがありましたが、今度こそデトロイトメタルシティーの方らしいです。
そういやデビルメイクライのアニメ見てねぇや。まぁいいけど。

音楽の方は勿論ですが、やはり気になるのはキャストですね。
実写化するとして、クラウザーさん役は誰になるのやら。
個人的には電王の良太郎役の人とか根岸君に適役な感じがしますがどうざんしょ?
何はともあれデーモン小暮閣下は出演されることでしょうなー。
Posted by ymd
comment:6   trackback:0
[アニメとか
空飛ぶ上腕二頭筋
とある事情によりドラゴンゲートの試合のチケットが
なんとタダで手に入ったりしましたので、観てきました。

リングサイド


あ、ドラゴンゲートはプロレス団体です。念のため。
闘龍門時代はテレビでもちょこちょこ見てたんですが、
名称変更してからは全然ノーチェックでしたのよ。
そんで昨日もそんなに知ってる選手がいるわけではなかったんですが、
いやぁ、すんげー面白かった。これは闘龍門の頃からだけど、
この団体の魅力ってパッと見の分かり易さにあると思うのです。
空中戦主体の派手なリング上での攻防が非常に熱いのですよ。
まぁとにかく空中で回る回る。それにサクサク試合が進んで全然ダレないのも良い。
プロレスの試合を生で観るのは初めてでしたが、場外乱闘の緊張感みたいなのは
生じゃないと伝わらないなと。当たり前だけどね。
席がほぼリングサイドだったのも幸運でしたわ。

キッドとCIMA


後ろからでわかりにくいですがドラゴンキッドとCIMAです。
個人的にこの二人の試合が生で見れただけでも行く価値がありましたよ。
そんなわけで久しぶりにプロレス熱が再燃しそうな今日この頃です。

ドラゴンゲート公式HP
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[雑記
Defleshed“Under The Blade”(1997)
むーん


Rating:8.8/10

 more...

Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
Spektr“Near Death Experience”(2006)
真っ黒


Rating:8.5/10

 more...

Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
Wolves in the Throne Room“Two Hunters”(2007)
バンドロゴ読めないって


Rating:9.5/10

 more...

Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[CD review]  thema:HR/HM - genre:音楽
November Rain
11月になりましたね。
うちの大学じゃ大学祭が行われたりしてます。
自分の所属するサークルでもハンバーガー屋なぞを出店しとりまして、
かなり好評を得ている模様。良い事です。

んで、毎年大学祭にはゲストとして芸能人が来たりするんですが、
今年は藤岡弘、氏が来たのですよ。例年はブレイク間近のお笑い芸人呼んでたり
したのに今年は何があったのかしら。お笑いには興味はありませんが藤岡弘、なら
行くしかねぇ!ってことで講演会行きました。無料だしね。

まずタイトルから「青年よ!愛と勇気と夢を抱け」ってなもんで熱過ぎです。
講演会自体も自分の体験談をもとに愛と武士道の素晴らしさを熱く熱く熱く語るという
だけのもので、正直話自体はそれほど面白いわけじゃなかったです。
途中で帰る人もかなりいましたし。

でも藤岡氏がソマリアを訪れた時に、難民に弁当を与えたことがきっかけで血みどろの
奪い合いが繰り広げられた話とか、その辺りを事も無げに語ってたのは愉快でした。
テレビの企画以外でも世界各地の色んな危険地帯にボランティアで廻っておられるようで。
印象的だったのは質疑応答の場面で、どんな質問にもずっと質問者の方を向いて、
真摯に、そして熱く質問に答えてたことでしょうか。テレビで伝えられるものなんざ大概が
作られたイメージなんでしょうが、この人の場合、本当に熱い人なのだということがビンビン
感じられました。60歳過ぎてるのに愛とか善だとか全く恥ずかしげも無く言える辺りが
本当にスゲーと思います。探検隊シリーズもありますが、とにかく行動の人なのですね。
個人的にはかなり好感を抱きましたよ。

さて、上の記事とは全然関係ありませんが今日はガンズのNovember RainのPVでも
貼っておきます。うん、何度見ても花嫁が途中で撃たれる意味が分からない。



Posted by ymd
comment:4   trackback:1
[雑記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。