Death is certain ,Life is not
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ymd
 
[スポンサー広告
埋葬2008
僕の中では明けていない。多分十年前くらいから。
明けましておめでとうございます。
今年度中であればまだ新年の挨拶は許されていいですよね。

さて、年始最初は昨年のベスト的な何かを晒すアレです。

●アルバム

1.The Haunted/Versus
Versus

一番通しで聴いた数の多いアルバムでした。低重心に構えてスラッシーかつ
パンキッシュにグイグイと引っ張るノリがクールでたまんねぇ。
メタル聴いてて素直にカッコイイって思いがストンと来たのは割と久々でした。

2.Equilibrium/Sagas
Sagas

ガンカタの映画の原題が"Equilibrium"だということを昨年末になって
初めて知りました。正直なとこフォーク・ヴァイキング勢ってそんなに好きじゃないのです。
北斗の拳やジョジョみたいな絵柄でドラえもんやサザエさんをパロった同人のシリーズ
がかなり前に流行ってた気がするんだけど、フォーク・ヴァイキング勢ってそれと
同じような臭いを感じてしまうのですよ。高校の終わりくらいまでは
ゲラゲラ笑えたんだけど、なんか今になってシラフで触れるとキツイんですわ、
あの辺のノリって。誤解なきように申しますが、これって決して自分が成長したとか
モノを見る目が育ったなんてことは全くありませんのでね。でも、北斗やジョジョは
自分がオタだと自覚してから早い段階で触れたものなんで愛しいのです。
このアルバムもそのぶち抜け方でもって、自分がメタル童貞を卒業したての
頃に抱いてた何かを思い起こさせてくれましたのよ。

3.Dir en grey/Uroboros
Uroboros

2曲目のリフがOpethっぽいなぁとか思ってたら案の定バンマスが
最近Opethを聴いてるとか。V系の魅力の一つに"頽廃性"ってのがあると思います。
これってヨーロッパのゴシックメタルやら、ドゥームや鬱ブラ勢のそれとは異質なもの
でして、上手く説明出来ませんが90年代初期のBuck-TickやLuna Seaの
空気というか。勿論俺はリアルタイムじゃ知らねぇのですけども。
ディルの新作は近作で顕著だったメタル萌えと前述の"頽廃性"のギアが
上手く噛み合った快作だと思います。"Vinushka "とか"我、闇とて・・・"とか
すげぇ気に入りました。

4.マクロスF O.S.T. 2 娘トラ。
娘トラ.

昨年は今まで以上にアニソンをよく聴くようになった、というか一時期アニソンしか
聴いてませんでした。メタルを意識して聴くよりもアニソンを意識して聴くようになる方
が早かったので、元の場所に戻っただけかもしれん。そんなテメェの遍歴語った所で
1ピコグラム程も意味ないのですけれども、このアルバムの濃密さは群を抜いてたと
思います。

5.Ihsahn/Angl
Angl
BurzumのHvis Lyset Tar Ossの"白昼夢"やDet Som Engang Varの"涅槃宮"って
邦題は素敵だと思います。でも最近ウニオンから出たMayhemの国内盤の
De Mysteriis Dom Sathanasの"狂魔密儀"やDeathcrushの"破滅死"って邦題は
ちょっとあんまりじゃねぇ?レトロな暴走族じゃあるまいに。
で、今作の邦題はEmperorの頃から倣ったのは分かるけど、
幾らなんでも"闇の堕天使"って悲惨過ぎる、色んな意味で。

6.Mouth Of The Architect/Quietly
Quietly

灰色って黒より好きな色かもしれません。鉛色とか鈍色でもいい。
曇天の空眺めてる方が落ち着く。澄み切った青空見てると何故か気が滅入る。
多分俺の原風景って前者なんだろな。冬の今の時期の曇り空とか一番好き。
スラッジとポストロックの旨みを凝縮した本作は"灰色メタル"って趣があるかと。
でもグレイメタルやメタルグレイとか言うと宇宙人の方が先に出てくるなぁ。

7.Darkspace/Ⅲ
Ⅲ

このアルバム聴いてて真っ先に思い出したのがイベントホライゾンという微妙な映画でした。Ⅰの頃から根っ子は変わってないと思いますが、3作の中で意識しなくとも通しで
聴けるのってこのアルバムが俺には初めてでした。宇宙の深淵はやっぱり真っ黒だよ。

8.茅原実里/Parade
Parade

アルバム全体としちゃ前作の方が好きだったけど、個々の曲の濃さじゃこちら。
もうね、"Paradise Lost"って曲名で"ここは裏切りの楽園(ティル・ナ・ノーグ)”って
フレーズ聴いて平静でいられるワケなんかない。

9.The Amenta/n0n
n0n

英語覚えたての中学生が英和辞書にマーカー引いてそうな単語ばかり
並んでる曲のタイトルはどうかと思いますけど、中身は前作から大幅に
スケールもパワーもアップしてたと思います。去年聴いたインダストリアルデスの中じゃ
一番良かったです。

10.Mord/Necrosodomic Abyss
Necrosodomic Abyss

なんか去年のOSMOSEってあんまり元気なかった気がするなぁ。Shiningの新作も
延期しちゃったし、Enslavedの新作にはイマイチ嵌れなかったし。
ま、ネクロでソドムで奈落なこのアルバムと三度目の復讐しか紹介してない
こいつはこのジャケのイエス様みたいになればいいんだ。
やっぱ勘弁してください。

次点
・Mercenary/Architect Of Lies
・Cynic/Traced In The Air
・Testament/The Formation of Damnation
・Disfear/Live The Storm

●ベストチューン(順不同)

・Paradise Lost/茅原実里
・Oblivious/Kalafina
・片恋/志方あきこ
・雨が降る/坂本真綾
・motto☆派手にね!/戸松遥
・F.D.D./いとうかなこ
・MonStAR/平野綾
・ノーザンクロス/シェリル・ノーム starring May'n
・Beautiful Fighter/angela
・堀江由衣全部

自分が童貞だからって相手にもそれを望んだらダメなのです。
でもCrazy Shrine "Maidens"なら処女だよなどうでもいいけど。

●アニメ

・喰霊-Zero-
・ペルソナ ~トリニティ・ソウル~
・マクロスF
・ギアス二期

アニメはベストっつか最後まで追っかけてたのこの4本くらいでした。
もっと見てた気がするんだけどなぁ。

●本とか

・Dクラッカーズ/あざの耕平
・レジンキャストミルク/藤原祐
・人類は衰退しました/田中ロミオ
・ダブルクロスリプレイジパング/田中天

上に挙げたので2008年発売したのって人類とジパングくらいですが。
最近よくラノベを読むようになりました。つか本当にラノベしか読んでねぇ。
「ヴィーナスのヴィは毘沙門天のヴィ」

随分と長ったらしくなりましたのでとりあえずこの辺で。
一昨年に比べると更新頻度激減してますが死なない限り多分生きてます。
スポンサーサイト
Posted by ymd
comment:0   trackback:0
[2008総括]  thema:HR/HM - genre:音楽
上半期をまとめられない
7月でございます。
5、6月と二言三言くらいしか更新してませんでしたが、別に仕事が忙しかったわけでは
ありませんで。家に帰ってアーマードコアとかモンハンとかやってたらこの有様です。
最近は研修が終わってようやく現場に配属になり、やっと仕事らしいことをやってますが、
それに平行して資格の勉強が面倒です。面倒ですが、ここにそんなことを書いても
詮無きことなれば。

で、2008年も半年が過ぎ去ったわけですよ。故に今年に入って聴いた音源で
印象に残ったものの半期恒例のまとめです。ここ二ヶ月ほどCDレビューも書いてませんし、
何よりCDもほとんど買ってないので、いつも以上に超手抜きですが。


Mord/Necrosodomic Abyss
ジャケそのまんまのキリスト様陵辱ブラック。速い、悪い。

・Revange/Infiltration.Downfall.Death
カナダの底辺系ファストブラック。速い、汚い、悪い。

・Testament/The Formation of Damnation
近作の路線を踏襲しつつも、勢いと暑苦しさ全開で素敵。

・Mercenary/Architect Of Lies
上半期では一番よく聴いてたアルバムかも。前作はあまりピンと来なかったけど、
今作はメロディや盛り上げ方が良い具合に嵌ってて好き。

・堀江由衣/Darling
はいはい。

・娘フロ。/管野よう子
ランカ役の中島愛が大のプロレス好きらしいので個人的に好感度が急上昇中。
歌モノもインストも管野節全開で大変満足。O.S.T.1ってことは次もあるのか。

以上。

欲しいCDは割とありますが、今後はCD購入数は更に減っていきそうです。
とりあえずEmpyriosの2ndが8月に出るらしいので楽しみにしつつ。
最近だとEquilibriumが良いです。ヤバイです。なんか色々脳から出る。
Posted by ymd
comment:2   trackback:0
[2008総括
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。